2017年03月01日

機械的とは一線を画すんだぜ 〜第膵話〜

なかなかFXトレードで利益を残せない
機械的に、感情を排除して、淡々と。
そうしてトレードしているけれど、それはなんとなく賢明な意識のようだけど、それで利益が残せるならEAでいいんだよな。

機械的にトレードし続けて、しっかり利益が残るんだったらEA化してけばいいわけで。
そんなEAは無いから、結局、機械的に徹することは利益につながることになりえないわけで。

ナンピンマーチン系のEAで利益を上げるとかもやっていたから、EA全部を否定するわけではないけど、
しっかり損切りしつつ、利益をがっつり残すていうのを機械的なトレードに求めるのは無理かと、いまのところ結論をもっている感じ。
EAについてはいろいろリサーチしたり、試したり、作ったりしたからね。
そのうえでの結論。オレなりの結論。異論はあろうが興味がない。
もしもあったら100万で売ってください。


トレンドフォロー系のEAとか、逆張り系のEAとかでも利益は残るのだけど、それに合わせた相場で稼働してやらないと利益を残すことはできない。
残し続けることができない。

だから、つまり、結局は、自動だろうが手動だろうが裁量判断が必要になりますよ、って話なんだよな。


んで、裁量判断とか言われても、ざっくり言われても、なんとなく必要なんだなって思っても、モヤモヤしちゃってピントこない。
正解を掴んだようで、なにも掴めていない。
それは伝えたほうも同じで、正解を伝えたようで、なにも伝えていないと同じなんだと思う。

だから、それに対するアンサーを、オレなりのアンサーを、オレ式のアンサーを、オレごときのアンサーを、惜しげもなく、そして恥ずかしげもなく書き記していこうと思っておる


正直言ってめんどくさい、絵とか必要になるし。
までも、暇人相場師が世間の役に立つといったら納税くらいのものなんだし、持ってる知識の提供とかでも、たとえ対象が少数であれ、いいことした感を得られたらいいかと。
自己満感満々できもちが悪いんですけど、まぁいいんです。

変人ですし

すべての知識を出し終えたら長浜らーめんをすする予定
恍惚とした表情で


常々思うけど前置きとか言い訳じみたの長いよな

で、裁量についてなんだけど、これも前置きしないと話が進まないってことが判明してる
人によって見てるチャートって変わるし、インジとかもあったりなかったり違っていたり、
エントリートリガーも違ってくるわけだし、

つまり、オレが、よかれと思って裁量判断のことをつらつら書いていっても、まっっっったく意味がわからない、または、伝わっていたはずのことすら伝わらない可能性があーりー、もっと言うと余計に迷宮入りしてマイナス作用バリバリの可能性も秘めているわけで。


だからとりあえず、オレのトレードのやり方を書いてく
そっから、それを踏まえて、そのトレード、そのトリガーを引くに至る経緯、判断を、裁量判断として、知識の提供をしていくんだぜ

そこまでやれば、知識の投げっぱなしジャーマンでイケると確信した次第


で、今日は絵を書くとか、ペイントソフトいじるとかをしたくないので、文章だけで終わらせる
オレのトレード方法についてはまた後日

酒の飲みすぎで膵炎が再々発して、お腹が痛くてたまりません
絶食三日目


ねぇ、ぼくしぬの?


放置しておくと、すい臓が爆発してマジで死ぬらしい
ベジータにやられたキュイのように


花火になれるってメルヘン


んで、裁量が機械的なトレードと比べて、どんなことに違いを生み出せるのかという話を、ざっくり、明確に、不確かを確かに確認しておくと


エントリートリガーを使うか、やめるか

利食いをするか、伸ばしておくか

そのもっと前に、これからのチャートを予測して、行動の準備

あとは時間帯的な要因も判断のうちに入るのかな


どの話を、どの段階で出したらいいのか、なんの整理もつかないまま風呂敷を広げ始めましたが、
までも、ざっくりでそんな感じなのかな。


トレードを始めるまえ、PC立ち上げてからチャート開いて、で、いろいろ見る
このへんのいろいろは、また後日に説明することにして。

そのいろいろから、チャートの動きはこんな感じになるんじゃなあい?ていう予測をする
仮説を立てる

もちろん外れる

でも、たてた予測に対しての行動を準備することができる

きっちり準備しているから、チャートが予測通りの動きをしたときに、ターゲットに近づいてきたときに、サインを待ってエントリートリガーを使うことができる

利食いも同じで、予測して、仮説を立てているからターゲットもイメージできる
この辺で反発しそうだから、とか、ドテンしとくか、とか、両建ていれとくか、とか。

さらに言うなら、動きだす時間帯とかってあるから、その時間帯に向けてどう入れるか、
どう入れとくか、それとも動きだしてから入れた方がいいチャートなのか


トレードする前に、事前に予測をしておくことがマジで大事だと思うんだよな
予測はひとつじゃなくて、2パターンとかで、その2パターンから派生した先でまた選択肢の分岐みたいな


最近のオレの話で言うと、朝7時くらいからチャート開いて、予測して、トレードして、10とか獲れたらもうやめて遊んでる感じ
もちろん、相場次第ではもっと獲れるし、2,3日持つポジションもあるのだけれど、
基本スタイルは、東京まででトレード終了。
誤差で勝てればトレード上等。
欲張らないで、人生満喫。
人は、いつ花火になるかもわからない、秘めたメルヘンライフ。

だからそんなに予測の分岐とかまではやっていない、ていうのが実際なんだけど、
東京で負けてたら欧州参戦までやる感じ。

まれに自宅ノートでNYもあるけど。
まぁ、どうでもいいか。


エントリーした、利益が乗ってきた、さて、どこで利食いするか、ていうのも、事前の予測から、ある程度決めておく。

事前にチャートみて、エントリーポイント見出して、それがどの程度熱いサインなのか。
どの程度のポイントなのか。
その熱さや、値動きに対して、いくつかの利食い基準を設けておく。

長めに持てるようの利食い基準、スキャのようなピップスベースの利食い基準、ターゲットタッチでの利食い、一生帰ってくんなって願っちゃうほどの放置。


そういう、事前に予測して、行動を準備して、その都度調整して、そこに、ある程度機械化されたエントリーなりエグジットなりの行動を当てはめてく。
複数用意された行動を当てはめていく。
それが裁量ってことで、機械的なトレードとは一線を画す、違いってことだと思うんだぜ。


予測をし続けることで、予測に基づいたトレードをし続けることで、自分なりの経験を積むことができる。

エントリーしとけばよかった、とか、利食いするの早すぎた、とか、いろんな結果とともに、チャートから経験を積むことができる。
感覚を養うことができる。

それが積んで積んで積み重なって、自分なりの裁量判断となーりー、相場観となる

相場を予測するという、そういう軸となるものがあるから、その軸に経験や感覚を巻いて巻いて太くなっていくことができるのかと思う。


あー、なんかいい感じの言葉がでたな
満足した


ほいじゃまたっ
posted by キッド at 16:25 | Comment(0) | TrackBack(0) | 未分類 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック